進学院は少数精鋭の進学塾です。全員が志望校へ合格する塾です。

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ
03-3323-1978
HOME > 中高一貫校・附属校 -

中高一貫校・附属校

中高一貫校・附属校

「中学受験(高校受験)が終わったらもう塾は必要ないと思っていました」

定期テストの点数が思ったより悪い、学年順位があがらない、成績表が良くない…などたくさんの不安や悩みを抱えたお母さまが面談にいらっしゃいます。

しかし受験の時と比べて、お子さまの学力は決して下がっているわけではありません。
中高一貫校というのは、各学校によって授業の進みややり方も全く違います。先生が好きな単元は何週間もかけて勉強するのに、次の単元は「教科書よく読んでおいて」で終わってしまったり、急にプリントを大量に配り教科書を使わない単元があったり、教科の先生によって授業内容が大きく変わってくることも多々あります。

【授業の進みがその都度違う・学校内イベントや係の仕事に振り回される・部活が週に何度もある】
これらは楽しい反面、大事なことをおざなりにしてしまいます。

苦手な単元を解決するための時間をつくること

学力を上げるためにもっとも大切なことが「苦手な部分をできるようにすること」です。

学校生活に追われていると、授業で「ん?これよく分からないな」と思っても、その単元を消化しないままあっという間に次の単元へ行ってしまったり、誰に聞いてやればいいか分からず放置してしまったりします。
毎週しっかり塾に通うことで、苦手だった単元やできなかったプリントの振り返りができるようになり、成績が上がるだけでなく、日常の学校生活に余裕が生まれるようになるのです。

私立中学のテスト形態は学校独自の問題となるため、学校ごとに傾向と対策が異なります。中高一貫校においては、定期テストは進級や付属高校に上がるうえで、大きな評価対象になります。
また、高校で希望のコースに進む為にも、定期テストはとても大切なものなのです。
進学コースでは、お子さまが通われている中学校の教科書やテキストを基本に指導を行います。

定期テストは、学校指定の教科書やテキストから出題されるからこそ、教科書に準拠した指導が成績アップの近道です。
各教科書の定期対策プリントもあり、英語は全教科書に沿ったテスト作成プログラムを完備、テスト範囲の英単語などもすぐにテスト形式のプリントでお渡しすることができます。
このプログラムによって効率よく反復練習をすることができ、弱点も簡単に補強できるのです。

中高一貫

定期テスト時期だけはとことん勉強するシステム

進学院ではより成果を上げる為、定期テスト2週間前から毎日通う「定期試験対策週間」がスタートします。

部活や委員会があっても、毎日塾に寄って30分でも1時間でも勉強をしていくことが成績アップの秘訣です。

普段は苦手克服のため、さかのぼった内容の授業を受けている生徒も、テスト期間中はテスト範囲を対策する必要があるため、 提出物の仕上げを手伝ったり、問題の解説をしたり、弱点補強プリントを与えたりしながら一人ひとりに合ったカリキュラムで進めています。

試験一週間前には、ほとんどの部活がおやすみになるため、夕方から塾で「試験の日程」と「苦手な科目の比率」を 先生に調整してもらい、作成した試験対策表をもとに勉強していきます。


中高一貫

通常カリキュラム

※曜日の合わない方やじっくり勉強したい方には、個別指導をすすめています。

中高一貫

■各検定試験について

進学院では英検・漢検の取得を推奨しています。

中高一貫校ではクラスで先生が告知するだけで、率先して声をかけてくれない学校もたくさんあります。 たとえ附属校でも英検や漢検は自分の力を図る大切な模試です。しっかり準備しましょう。
また、大学受験を控えている進学校のお子さまにとって、英検・漢検の受験はとても大切なものです。 英検1・2級があると、英語の一般試験が免除になる大学も増えてきているからです。

少しでも有利に大学受験できるように、毎年英検にチャレンジしていきましょう。
英検・漢検の勉強がうまく進まない方がいたら、気軽にご相談ください。


Copyright(C) SHINGAKUIN All Rights Reserved.