進学院は少数精鋭の進学塾です。全員が志望校へ合格する塾です。

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ
03-3323-1978
HOME > 小1〜小3対象 読書くらぶ

小1〜小3対象 読書くらぶ

2019年2月 読書くらぶ開講

中学受験でも高校受験でも、学力の基本は国語力です!

読書を通じて、国語力を高めていくコースです。

「読書くらぶ」では、子どもたちに本と親しみ、多様な読書経験を積むことで、「読解力」「語彙力」を初めとする「読書力」を育成していきます。

読書が苦手な子どもは、黙読に慣れておらず、本の世界に集中することができません。また、読んでいても、知らない言葉が出てくると、そこで止まってしまいます。その言葉がわからなくても、読み進めていけば、面白く、ワクワクする世界が待っているのにも関わらずです。

「読書くらぶ」では、分からない言葉や知らない言い回しを先生に聞きながら、飽きることなく読書できます。
また、もともと本好きだけれども、児童書から少し大人向けの作品に進みたいという生徒には、グレードに合わせた読書に挑戦し、よりレベルの高い読書に導いていきます。


「読書くらぶ」が育てる5つの「国語力」


  • 読書速度…中学入試・高校入試国語に対応できる「読書スピード」を鍛えていきます。
  • 語彙力…読書を通じて、ことばの力を育てます。
  • 読書習慣…ワクワクしながら読書に親しむ「読書大好きっ子」を育てます。
  • 感性…名作を通じて、豊かな感性を育み、思考の世界を広げます。
  • 表現力…自分の力で考え、思ったことを表現する力を育てます。


読書くらぶ

◎読書ノートを作り、読み終わったあとに短い感想文を書く指導をいたします。

これにより、情景を忘れずに文字に書き起こしたり、出来事を頭の中で整理しながら読み進めることができるようになってくるのです。

読書の効用については、文部科学省のプロジェクトから「読書習慣と学力」の関係を示したデータが出ています。

調査結果の中には「読書習慣と学力」についても触れられており、よく読書をする子供は学力が高い関係にあることが3年間の分析結果によって明らかにされています。

具体的には、例えば読書時間が長いほど成績がよく、読書時間と学力にはっきりとした関係があることが分かりました。 また、一日の読書時間が2時間を超えるとやや成績が落ちる傾向にあるようですが、一日に1時間から2時間読書をする子供は、全くしない子供に比べるとかなり高い成績を残しています。 例えば全く読書をしていない子供の場合、一日に2時間以上勉強をして、やっと偏差値50を超えることが分かりました。

一方、一日の勉強時間が30分から2時間未満であっても、一日に10分以上の読書をすれば、読書をせずに一日2時間以上勉強している子供より偏差値が高くなっていることも分かったのです。

つまり、学力向上のためには勉強だけではなく、計画的な読書習慣がいかに大切かということなのです。算数や計算の力は低学年から頑張らなくても十分に補うことができますが国語力は低学年のうちから対策をすることこそが最も重要だと考えております。

ご自宅ではなかなか読書の習慣がつかない、作文指導を早いうちからやってほしい、小学校高学年には国語力を定着させたいおうちの方がいたら、ぜひご利用ください。また中学受験を検討されている方は準備段階としてご利用いただけます。


小1〜小3対象 読書くらぶ

読書くらぶ

  • 開催曜日であれば、お好きな曜日に通っていただけます。
  • 月によって回数に変動がありますが、お月謝は変わりません。
  • 春期講習などの講習期間中は課題図書の宿題が出ますが「読書くらぶ」はおやすみになります。
  • 4月に1年生になるお子様からが対象になります。お申込みはお電話または直接受付までお越しください。
  • 新小3からはジュニア受験科が始まります。中学受験をご検討の方はコースが変わります。公立中学進学の方は引き続きご利用ください。

Copyright(C) SHINGAKUIN All Rights Reserved.